老化予防と脳とストレスの関係

老化美容法と聞いて真っ先に思い浮かべる事は、食生活の改善と適度な運動をする事でしょう。
もちろんこれらは効果的ですし、さらに言えばサプリやアンチエイジングの効果がある成分が配合された商品を使用している人も多いでしょう。ですが脳を鍛える事も老化美容法として効果がある事を知っていますか?

老化予防のために脳を最大限に使おう

人間の脳は使わなければ、老化が一気に進んでしまいます。
そのため仕事人間で趣味が特にない人が、仕事を退職した途端にやる事がなく、急激に老け込んでしまい認知症を発症するというケースは珍しくありません。

ですが逆に言えば、脳を最大限に使っていれば、老化を予防する事になりますし、脳が若返れば見た目も若くなるのです。本当にそんな効果があるのかと半信半疑な人もいるでしょう。
これはアメリカで行われたある研究です。
60代の男女を集めて、20代の頃のような生活を送ってもらいました。

その環境の変化が脳や人体にどのような影響を与えるのかというと、20代の頃のような生活を送ると気持ちがまず若返り、気持ちの変化に応じて肌の状態が10歳以上若返ったというデータがあるのです。
脳は使えば使うほど細胞が活発になり、シナプスを形成します。

そのため記憶力が向上したり、若さを維持する事が出来ます。
音楽家や画家などの芸術家が長生きするのは、脳を最大限に使っているからだと言えるでしょう。

また脳の役割は記憶を処理するだけではありません。
身体の機能をコントロールするのも脳の役割の1つです。
そのため脳が若々しく元気でいれば、身体も若々しく元気でいられます。

なので老化予防をしようと思ったら、まず脳から若返る事が重要だと言えます。

ストレスは老化を促進させてしまう

先ほど脳が身体をコントロールすると言いました。
すると当然ストレスも身体に悪影響を及ぼします。
ストレスは、体内で活性酸素が増え身体が酸化してしまいます。
酸化とは老化の事ですから、ストレスを溜めこんでしまうと人よりも早く老化が進行してしまいます。

そしてストレスは脳の機能を低下させてしまいます。
ストレスが原因でやる気が出ずに、無気力になってしまう事ってありますよね。
それも脳の機能が低下した事が原因で、神経伝達物質の流れが悪くなってしまう事で、脳の処理機能が遅くなってしまうのです。

さらにストレスはホルモンにも影響します。ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールは免疫が低下してしまうので、病気にもかかりやすくなります。

なのでストレスは老化と病気の原因になるために、溜め込まずにストレスを解消するように心がけましょう。
ストレス解消法としてオススメしたい方法が笑う事です。
笑う事はナチュラルキラー細胞を活性化させるため、癌細胞までやっつける効果があると言われています。